カンボジア実習生について

カンボジア実習生について

高い志と温厚で協調性のある国民性

地方出身者が多いため非常にシャイな人が多いですが、大家族の家庭が多く皆、両親や家族を大切にし、「協調性」が強く感じられます。
年配の人を敬う点や気配りを怠らない事も日本人によく似ており、素朴で温厚な性格です。
カンボジア人のほとんどが熱心な仏教徒で素直で誠実な国民性、勤勉でお穏やかな性格は、日本での人間関係においても非常に高い順応性を示しております。
また、日本企業・日本の技術への関心が高いカンボジアの若者は「志」と「向上心」が高いことも特徴です。
実際にカンボジア人技能実習生を受け入れている実習先企業様からは、その性格の良さ、仕事への取り組み方から大変高い評価を頂いております。

国民平均年齢が25歳と非常に若い

1970~80年代の戦乱のため国内情勢が不安定でしたが、近年は政治経済に安定を取り戻しつつあります。
また、国民の7割が30代未満で、平均年齢が25歳程度という若い人口構成で、急速な成長をしております。

カンボジア政府が教育環境に対して協力的

カンボジア政府は日本の行政を見習うために、公務員を日本へ派遣させるなどの取り組みを行い、政治的にも日本に大きな信頼を寄せています。
日経企業の帰国技術実習生の評価は高く、カンボジアにとっても制度活用が経済発展にとって効果的であるので、非常に強力的です。

日本への関心が非常に高まっている

近年日経企業の進出により、カンボジアの人々の「日本で働いてみたい」という意欲が高くなってます。
特に2014年に国内初となる大型商業施設「イオンモール」がオープンしたことで、急速に日本への関心が高まりました。

PAGE TOP